FC2ブログ

おっちーの演劇日記

広島で制作の仕事と、演劇活動をしているおっちー演劇漬けの毎日

演劇大学in福岡

演劇大学が福岡でも開催されます!→こちら

なんだか福岡は盛り上がってますね~!
越智も行く予定です。

こういうのに参加すると、気持ちがリセットされるのが良いんだな。
前も書いたけど、チラチラ単発で受けたところで、
実力が上がるというのは結構難しい。

でも、人脈が出来て、初心に戻れて、刺激を受ける。
その刺激でまた頑張れる。そういうのが良い。

昨年の愛媛は、高校生の子と一緒に行った。
なかなか学生はこういうのに行きたくても金銭的に行けない。
なにしろ地域では交通費だけでバカ高い。
越智もそうだった。いろいろあっても行きたくても行けなかった。

だから 「車は出してあげるから受講料は頑張って払いんちゃい」 という約束で
一緒に行った。あ、親御さんの許可と保険はかけてます。


で、鐘下さんの講座がかなり二人ともヒットで、
めちゃ盛り上がって二次会まで行った。なんか楽しくて嬉しくて寝られなかった。

高校生はあんまりこういう機会もないから、テンションがあがりすぎて心配になった(笑)。
でも 「来て良かったです!これから頑張ります!」 というきっかけを作ってあげれたのは良かった。

でも、この「気持ち」を持続させるのが難しいんだな。
「その時」はそうでも、1年先は分からない。忘れてしまうから。
だから忘れちゃいけない。

たまにエネルギーを補給できるこういう機会はとても大切だ。




スポンサーサイト



PageTop

「創造型劇場の芸術監督・プロデューサーのための基礎講座」を受けた

こまばアゴラとセゾン財団が主催する上記の講座・第1回目を受けた。
といっても東京での講座を、地方の受講生がインターネット配信で受講するというもの。

す、すばらしいっ!!

地方ではやはりこういうのに触れる機会そのものが少ない。
でも東京まで受講しに行くとなると、時間的にも金銭的にもかなりハードルは高い。
しかもこの講座は20回シリーズもの。
20回東京へ受けに行こうという人はいるのか?!

で、こういうネット配信を通して受けれるのであれば
本当にありがたい。
というか、国が税金でやっている事業ならば、本来こうあるべきであると思う。
(今回のは国ではない)
日本国民から集めた税金で、東京でしか還元されていないというのが
結構今の現状。  しかもそれがまかり通っている。  
不思議だ。

内容はすごく良かった。
今、議論をよんでいるがぼんやりとしか分からなかった「劇場法」の
メリット・デメリットの入口が分かった気がする。

この講座は1年間をかけての20回シリーズ。
これから更に深く入っていくのだろう。期待している。

しかもこの講座の受講生は
「実務5年以上の演出家・振付家・制作者で40歳以下」である。
これからを背負う30代をターゲットにした実りある講座だと思う。

法律が絡んでくると越智の頭では結構いっぱいいっぱいだが、
こんな機会もあまりない。
スポンジ吸収!頑張るぞ!


PageTop

コンテンポラリーダンスって?

8月にはコンテンポラリーダンスの公演があり、いつもお世話になっている
k姉さまと協力しての企画である。

まだまだコンテの理解と認知はうちでは皆無に等しい・・・。
今年度は2本のコンテダンスの企画公演がある。
越智はこのコンテンポラリー世界好きで、面白いと思う。
でもたしかに初期の頃は「なんだこれ・・・」と引いてみていた部分も多い(笑)

誤解されやすいコンテダンスの魅力を的確に伝えていきたい。
でも、そのためにも「やる」ことは重要だなぁ。
語るだけじゃ生まれないので、ね。

でもちょっといろいろと仕事事業と、自分企画ものと、関わっている公演とが
ありすぎてパンクぎみ・・・。

今月を乗り越えたら少し休むぞ~!

PageTop