FC2ブログ

おっちーの演劇日記

広島で制作の仕事と、演劇活動をしているおっちー演劇漬けの毎日

初心。子どもたちに感謝

昨日は古くからお世話になっている舞台関係さんに誘って頂き、
某照明講座に参加してきた。
広島で撮られたドラマの鑑賞と、その照明解説付き。

照明はさっぱり素人なので、正直、技術的な事はよく分からなかったけど、
「照明ってこんなに大変なんだ・・・」 と
「プロってすげぇ!」

って分かっただけでも大収穫でした。
当然ながら舞台とテレビって違うんだな~。
脚本も、スタッフも、キャストも素晴らしいドラマでした!
広島の役者さんも出演していらっしゃいました。


今日は関わっている市民ミュージカル(のようなもの)の稽古日。
それを休んで、講座に参加させてもらった。Yさんにはいつも感謝感謝です、ありがとう。

こういった市民ミュージカルは各地で行われている。
広島でもどれくらいあるんだろう・・・小さいものも入れると結構あるぞ。

だいたい稽古は週1回。そりゃクオリティ的なものは難しい・・・。
市民を広く公募しているところも多いから、稽古内容や時間も難しい。

でも素晴らしい!

(かなり個人的な意見ですが)
こういう市民ミュージカルのすごいところは
お互いが  全力で  楽しんでいるところだと思う。
出演者も全力で演じる。お客さんも全力で楽しむ。
孫が出た時のおじいちゃん、おばあちゃんの笑顔といったら。

長年、演劇をやっていると、その「全力で」というのが
難しくなってくるような気がする。

私も仕事で演劇と関わるようになってからは
舞台を観に行っても純粋に楽しめる事が減ってきた。
どうしても「制作」や「演出」の目線になってしまう。
ともすれば恥ずかしながらアラ探しや、上から目線になりがちな舞台も・・・
これが本当に嫌で、観る前は「純粋に楽しんで観る!」と自分に暗示をかける(笑)

市民ミュージカルの子どもたちは
自分が演劇を始めた頃の「楽しい!」「嬉しい!」「大好き!」を教えてくれる。
あの目はすごい・・・きらきらしている、という言葉がぴったり。
これを子どもたちは教えてくれる。すごいな~。

あと5か月。本番まで頑張ろう!

スポンサーサイト



PageTop