FC2ブログ

おっちーの演劇日記

広島で制作の仕事と、演劇活動をしているおっちー演劇漬けの毎日

「創造型劇場の芸術監督・プロデューサーのための基礎講座」を受けた

こまばアゴラとセゾン財団が主催する上記の講座・第1回目を受けた。
といっても東京での講座を、地方の受講生がインターネット配信で受講するというもの。

す、すばらしいっ!!

地方ではやはりこういうのに触れる機会そのものが少ない。
でも東京まで受講しに行くとなると、時間的にも金銭的にもかなりハードルは高い。
しかもこの講座は20回シリーズもの。
20回東京へ受けに行こうという人はいるのか?!

で、こういうネット配信を通して受けれるのであれば
本当にありがたい。
というか、国が税金でやっている事業ならば、本来こうあるべきであると思う。
(今回のは国ではない)
日本国民から集めた税金で、東京でしか還元されていないというのが
結構今の現状。  しかもそれがまかり通っている。  
不思議だ。

内容はすごく良かった。
今、議論をよんでいるがぼんやりとしか分からなかった「劇場法」の
メリット・デメリットの入口が分かった気がする。

この講座は1年間をかけての20回シリーズ。
これから更に深く入っていくのだろう。期待している。

しかもこの講座の受講生は
「実務5年以上の演出家・振付家・制作者で40歳以下」である。
これからを背負う30代をターゲットにした実りある講座だと思う。

法律が絡んでくると越智の頭では結構いっぱいいっぱいだが、
こんな機会もあまりない。
スポンジ吸収!頑張るぞ!


スポンサーサイト



PageTop